院長より

 まだまだ梅雨の真っ最中で、あちらこちらで大雨警報や雷警報がでています。急に発達した積乱雲によって、局所的に大雨をもたらし、大きな被害をもたらすことがあり、注意が必要です。そしてこの時期は寒暖の差が大きく、自律神経のバランスが乱れ、精神的にも不安定になりやすいので、身体や心の不調をお感じになった際にはご相談ください。

 昨年末から始まり、世界中に多数の死者をもたらし、経済、医療、介護、教育様々な分野に影響を与え、今後の生活のあり方にも根本的な変化をもたらした新型コロナウイルス危機ですが、我が国では緊急事態宣言は解除されたものの、その後も一部地域でクラスターが発生するなど警戒は続き、第二波発生も視野にいれ体制整備が急がれています。当院でも今後の診療体制を感染拡大を防ぐことを主眼に見直すこととし、パーティションを各所に配置するなど整備していきます。

 緊急事態宣言は全国民を自粛に導き、経済にも多大な影響を与え、今後も倒産や失業が相次ぐと見られています。一刻も早くワクチンや治療薬開発がかない、新型コロナウイルス感染禍の終息と我が国のみならず世界中の国々での経済、医療、教育、福祉等が復旧することを願います。

カテゴリー: 202007, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

LGBT-性的指向と性自認-

 「LGBT」という言葉を聞いたことはありますか。LGBTとは、次の言葉の頭文字をとって組み合わせた言葉で、性的少数派(セクシャルマイノリティ)を表す言葉の一つとして使われるものです。

○性的指向・・・どのような性別の人を好きになるか。

・L:Lesbian(レズビアン)・・・女性の同性愛者

・G:Gay(ゲイ)・・・男性の同性愛者

・B:Bisexual(バイセクシャル)・・・両性愛者

○性自認

・T:Transgender(トランスジェンダー)・・・「身体の性」と「心の性」が一致しないため、「身体の性」

                         に違和感を持つ人

※性的少数者(セクシャルマイノリティ)には、LGBT以外にも、自分の性別がわからない人(Q:クエスチョニング)、一般的に定められた「男性」「女性」のどちらとも断言できない身体構造を持つ人(I:インターセックス)、誰に対しても恋愛感情や性的欲求を抱かない人(A:アセクシュアル)等、様々な人がいます。

 電通ダイバーシティ・ラボが2015年に行った調査によると、日本におけるLGBTの割合が人口の7.6%存在するそうです。また、LGBT総合研究所がインターネット上で全国20代から60代に行った調査では、LGBTという言葉の認知率は91.0%であったのに対して、内容の理解率は57.1%と半数程度でした。その為、LGBT当事者の方が日常生活において、さまざまな場面で生きづらさを感じることが多くあります。例えば、学生の場合は制服が決められていて、「心の性」は男性であるにも関わらず、「身体の性」が女性の為、学ランを着なければならず、それを苦痛に感じることもあります。対人関係においても、「男らしさ」「女らしさ」を求められ、不快な思いをすることもあります。

 宝塚大学が行った「LGBT当事者の意識調査」では、職場や学校での差別的発言を受けた当事者は71.7%にも及びました。LGBT当事者は差別的発言等を受けることが多くあります。また、自分がLGBTであると打ち明けるカミングアウトをしていない当事者は78.8%でした。約10人に1人LGBT当事者の方がいるにも関わらず、それを多くの人が知らずに過ごしています。その為、LGBT当事者と知らずに、なんとなく発した言葉が相手を傷つけていることもあるかもしれません。

 自分の性について、一人で悩みを抱えている人もいるかと思います。全国には相談窓口やピアサポートを行っている団体もあります。また、SNSなどで当事者同士と匿名で知り合うこともできます。インターネットで「LGBT 交流会 (地名)」等で検索すると、多くの情報を見つけることができます。

○誰もが自分の性的指向・性自認を尊重され、自分らしく生きることのできる社会を作る為に

1.多様な性について知る

2.習慣・常識を変える

3.理解者を増やす

 性はとても多様で、はっきり分かれているのではなく、グラデーションになっています。「身体の性」だけで相手を決めつけずに理解することが必要です。一度、性の多様性について考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 202007, 心理室より, 病気・治療 | LGBT-性的指向と性自認- はコメントを受け付けていません。

院長より

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が世界中で拡大しており、収まりつつある国もありますが、まだまだ終わりが見えない状況です。ゴールデンウィークまでの期限で外出制限要請の効果が出て、感染拡大がおさまればいいのですが。患者数が増えれば入院できるベットも、対応する医者や看護師などの医療従事者も足りなくなる医療崩壊に繋がります。またそのような医療者は毎日命の危険にもさらされていることも容易に理解できるはずで、応援メッセージを送ってくれる人、足りないと言われているマスク等をプレゼントしてくれる人がいて助かっています。しかしその一方で、医療者のみならずその家族をも誹謗中傷するという心ない人もいるようです。ご自身が感染した時誰に助けてもらうのでしょうか。外出しないようにするには買い物も回数を減らす等の対策が必要ですが、有効な対策の一つに宅配サービスを利用することが挙げられます。でも驚くべきことに宅配業者をバイキンを運ぶからと排除しようとする人までいると聞きました。まだまだあるでしょうが、自分を守ってくれるはずの人を攻撃するとは、どう守られているのか想像できない人なのでしょうが、その発想の貧困さが哀れですね。

 このまま自粛生活を続け、医療崩壊が起きないよう配慮しながら緩やかに軽度の感染者を増やして集団免疫の獲得を目指し、最終的には検査によってそれを判断して自粛を解除することになると予想されています。それには1~3年かかるとも言われていますが、皆で頑張って新型コロナウイルスとの戦いに勝利しましょう。

2年に一度の診療報酬改定がこの4月に行われました。今回もいろいろと複雑化したこともあり、疑義解釈が4月になってから出されるなど、その運用に混乱が生じています。特に新型コロナウイルス感染症に伴う期間限定のものもあり、どんどん変わっていくので現場は大混乱しています。例年は改定内容を周知する説明会が開かれていましたが、今回は新型コロナウイルス感染症の影響ですべて中止されており、その周知さえ行われていません。そのような状況なので、今回の改定は延期するよう要望を出しましたが、かないませんでした。なぜ延期の判断ができなかったのか不思議です。

 安倍首相は国民の命よりも経済や自身のお友達を助けるのを優先しているのでは疑われる行動をしてばかりいるので、この騒動で他国の指導者はその対応を評価されて支持率が上がっているのに安倍首相だけは支持率が下がっているようです。長期政権になりすぎて傲慢になっていたツケが回ったのでしょうか。次の選挙までに信頼を取り戻す努力を強く求めたいと思います。

カテゴリー: 202005, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

認知症

認知症とは、脳の病気で、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりして、「物事を記憶したり、判断したりする能力」や「時間や場所、人などを認知する能力」が低下し、生活をする上で支障をきたしている状態です。

認知症は主に4種類あります。

・アルツハイマー型認知症…もの忘れ、日付や時間が分からなくなる。

・レビー小体型認知症…幻視、歩行が不安定になる。

・前頭側頭型認知症…性格の変化、同じ行動を繰り返す。

・脳血管性認知症…まだらな記憶障害、気持ちのコントロールができない。

「老化によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」には違いがあります。「老化によるもの忘れ」では、

体験の一部を忘れることはありますが、忘れたことを自覚しています。たとえば、食事したことは覚えているが、食べた物を忘れるといったことや、昔、活躍した歌手の名前が思い出せないなどです。

一方、「認知症によるもの忘れ」では、体験そのものを忘れたり、忘れたことが自覚できなかったりします。たとえば、食事したこと自体を忘れたり、ずっとやってきた料理の段取りを忘れたりです。

日本の認知症人口は現在約500万人以上、2025年には約700万人、65歳以上の約5人に一人になると言われています。自分が認知症になること、それは誰にとってもそれほど縁遠いことではありません。認知症は予防と早期の対応が重要です。以下のことで自分や家族に思い当たることはありませんか?

・頻繁に物を置き忘れたり、無くしたりする。

・ひとりになると怖がったり寂しがったりする。

・片付け・計算・運転などのミスが多くなった。

・身だしなみに気を使わなくなった。

・約束の日時や場所を間違えるようになった。

・意欲や気力がなくなり趣味にも関心がなくなった。

令和2年1月より名古屋市内の医療機関で、もの忘れ検診を実施するようになりました。対象者は65歳以上の名古屋市民で、無料で行っています。認知症は早期に診断・治療することにより進行を遅らせることができます。当院でも、もの忘れ検診を実施することができますので気になる方はお問い合わせください。

カテゴリー: 202005, 心理室より, 病気・治療 | 認知症 はコメントを受け付けていません。