院長より

 今年も例年同様に不安定な天気が続いており、全国各地でゲリラ豪雨など様々な天災による被害が発生していますが、被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈りいたします。また、不安定な気候の影響を受け、自律神経も乱れやすい時期です。不調を感じたら早めの受診をお勧めいたします。

 多数の議席数と支持率の高さから一人勝ち状態が続いていた安倍政権ですが、総理在籍期間が歴代1位になろうとする直前から支持率は急低下し、先日とうとう総理を辞職すると発表されました。コロナへの対応でも批判が多く、これ以上の舵取りは任せられないというのが多くの国民の声になっていたのに加え、自身の持病の悪化により総理の責務を全うできないと判断されたようです。次にこの国の舵取りをするのは誰になるのでしょう。自分のため、仲良しグループのためではなく、国のためになることを誠実にやってくれる方が選ばれるよう強く願います。その願いを政治家に届ける方法が選挙です。個々の力は弱くても集まれば大きな風となって巨木を倒す力となるのは間違いのないことですから、決して諦めず投票をすることで政治に関わっていきましょう。

 今年もインフルエンザワクチン接種の時期が近づいてきましたが、まだ詳細は未定です。コロナワクチンは間に合いそうにありませんので、インフルエンザだけでも予防しましょう。開始はおそらく例年同様の時期になりますが、確定した情報は随時お知らせしますので、お気軽に職員までお問い合わせください。

カテゴリー: 202009, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません

腹式呼吸

 新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの暮らしは大きく変化しました。未知のウイルスに対して不安を抱えている方、外出が思うようにできずストレスを抱えている方もいるでしょう。

 人間は生きている限りさまざまなストレスにさらされます。適度なストレス(緊張感)は生活にハリを与えてくれますが、過度なストレスは免疫力を低下させたり、心身に悪い影響を与えたりすると言われています。

 ストレスを和らげる簡単な方法の一つに、呼吸法があります。今回はリラックスをするための呼吸法の1つである「腹式呼吸」を紹介します。

 呼吸を整えることによって、気持ちが落ち着き、緊張が和らいだという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?呼吸法には主に「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2種類があります。「腹式呼吸」は交感神経を抑え、副交感神経を刺激しますので、リラックスしたい時に適しています。一方、「胸式呼吸」は交感神経を優位に働かせますので、気持ちを奮い立たせたい時に適しています。場面によって呼吸を上手く使い分けることができるといいですね。

「腹式呼吸」の方法

①身体の力を抜いたまま、おへその下あたりに手をあて、長くゆっくりと息を吐きます。口をすぼめるようにして息を吐くと、時間をかけて息を吐くことができます。お腹の中の空気をすべて吐ききるイメージをしましょう。

②吐ききって下腹部が限界まで凹んだら、次は下腹部に空気を入れて膨らませるイメージで息を吸っていきます。この時、できるだけ自然に鼻から空気を吸うのがポイントです。

③めいいっぱい息を吸い込んだら、3秒ほど少し息を止めて、再び息を吐いていきます。

以上を5~10分ほど繰り返し行います。呼吸に合わせて身体の緊張がほぐれていくイメージを頭に浮かべながら行うことで、実際のリラックス効果も高まります。

※上手くいかない場合は、仰向けに寝て両手をお腹の上に乗せて行うと意識しやすくなります。

 新型コロナウイルスの重篤な感染症状の一つに息苦しさがありますが、不安や心配などで心身が緊張した状態になることで、呼吸が浅く短くなり、息苦さを感じることもあります。不安や心配によって息苦しくなり、息苦しさを感じてまた不安になるという悪循環にも陥りかねません。まずはリラックスをして、不安や心配な気持ちを和らげましょう。

カテゴリー: 202009, 心理室より | 腹式呼吸 はコメントを受け付けていません

院長より

 まだまだ梅雨の真っ最中で、あちらこちらで大雨警報や雷警報がでています。急に発達した積乱雲によって、局所的に大雨をもたらし、大きな被害をもたらすことがあり、注意が必要です。そしてこの時期は寒暖の差が大きく、自律神経のバランスが乱れ、精神的にも不安定になりやすいので、身体や心の不調をお感じになった際にはご相談ください。

 昨年末から始まり、世界中に多数の死者をもたらし、経済、医療、介護、教育様々な分野に影響を与え、今後の生活のあり方にも根本的な変化をもたらした新型コロナウイルス危機ですが、我が国では緊急事態宣言は解除されたものの、その後も一部地域でクラスターが発生するなど警戒は続き、第二波発生も視野にいれ体制整備が急がれています。当院でも今後の診療体制を感染拡大を防ぐことを主眼に見直すこととし、パーティションを各所に配置するなど整備していきます。

 緊急事態宣言は全国民を自粛に導き、経済にも多大な影響を与え、今後も倒産や失業が相次ぐと見られています。一刻も早くワクチンや治療薬開発がかない、新型コロナウイルス感染禍の終息と我が国のみならず世界中の国々での経済、医療、教育、福祉等が復旧することを願います。

カテゴリー: 202007, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません

LGBT-性的指向と性自認-

 「LGBT」という言葉を聞いたことはありますか。LGBTとは、次の言葉の頭文字をとって組み合わせた言葉で、性的少数派(セクシャルマイノリティ)を表す言葉の一つとして使われるものです。

○性的指向・・・どのような性別の人を好きになるか。

・L:Lesbian(レズビアン)・・・女性の同性愛者

・G:Gay(ゲイ)・・・男性の同性愛者

・B:Bisexual(バイセクシャル)・・・両性愛者

○性自認

・T:Transgender(トランスジェンダー)・・・「身体の性」と「心の性」が一致しないため、「身体の性」

                         に違和感を持つ人

※性的少数者(セクシャルマイノリティ)には、LGBT以外にも、自分の性別がわからない人(Q:クエスチョニング)、一般的に定められた「男性」「女性」のどちらとも断言できない身体構造を持つ人(I:インターセックス)、誰に対しても恋愛感情や性的欲求を抱かない人(A:アセクシュアル)等、様々な人がいます。

 電通ダイバーシティ・ラボが2015年に行った調査によると、日本におけるLGBTの割合が人口の7.6%存在するそうです。また、LGBT総合研究所がインターネット上で全国20代から60代に行った調査では、LGBTという言葉の認知率は91.0%であったのに対して、内容の理解率は57.1%と半数程度でした。その為、LGBT当事者の方が日常生活において、さまざまな場面で生きづらさを感じることが多くあります。例えば、学生の場合は制服が決められていて、「心の性」は男性であるにも関わらず、「身体の性」が女性の為、学ランを着なければならず、それを苦痛に感じることもあります。対人関係においても、「男らしさ」「女らしさ」を求められ、不快な思いをすることもあります。

 宝塚大学が行った「LGBT当事者の意識調査」では、職場や学校での差別的発言を受けた当事者は71.7%にも及びました。LGBT当事者は差別的発言等を受けることが多くあります。また、自分がLGBTであると打ち明けるカミングアウトをしていない当事者は78.8%でした。約10人に1人LGBT当事者の方がいるにも関わらず、それを多くの人が知らずに過ごしています。その為、LGBT当事者と知らずに、なんとなく発した言葉が相手を傷つけていることもあるかもしれません。

 自分の性について、一人で悩みを抱えている人もいるかと思います。全国には相談窓口やピアサポートを行っている団体もあります。また、SNSなどで当事者同士と匿名で知り合うこともできます。インターネットで「LGBT 交流会 (地名)」等で検索すると、多くの情報を見つけることができます。

○誰もが自分の性的指向・性自認を尊重され、自分らしく生きることのできる社会を作る為に

1.多様な性について知る

2.習慣・常識を変える

3.理解者を増やす

 性はとても多様で、はっきり分かれているのではなく、グラデーションになっています。「身体の性」だけで相手を決めつけずに理解することが必要です。一度、性の多様性について考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 202007, 心理室より, 病気・治療 | LGBT-性的指向と性自認- はコメントを受け付けていません