院長より

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が世界中で拡大しており、収まりつつある国もありますが、まだまだ終わりが見えない状況です。ゴールデンウィークまでの期限で外出制限要請の効果が出て、感染拡大がおさまればいいのですが。患者数が増えれば入院できるベットも、対応する医者や看護師などの医療従事者も足りなくなる医療崩壊に繋がります。またそのような医療者は毎日命の危険にもさらされていることも容易に理解できるはずで、応援メッセージを送ってくれる人、足りないと言われているマスク等をプレゼントしてくれる人がいて助かっています。しかしその一方で、医療者のみならずその家族をも誹謗中傷するという心ない人もいるようです。ご自身が感染した時誰に助けてもらうのでしょうか。外出しないようにするには買い物も回数を減らす等の対策が必要ですが、有効な対策の一つに宅配サービスを利用することが挙げられます。でも驚くべきことに宅配業者をバイキンを運ぶからと排除しようとする人までいると聞きました。まだまだあるでしょうが、自分を守ってくれるはずの人を攻撃するとは、どう守られているのか想像できない人なのでしょうが、その発想の貧困さが哀れですね。

 このまま自粛生活を続け、医療崩壊が起きないよう配慮しながら緩やかに軽度の感染者を増やして集団免疫の獲得を目指し、最終的には検査によってそれを判断して自粛を解除することになると予想されています。それには1~3年かかるとも言われていますが、皆で頑張って新型コロナウイルスとの戦いに勝利しましょう。

2年に一度の診療報酬改定がこの4月に行われました。今回もいろいろと複雑化したこともあり、疑義解釈が4月になってから出されるなど、その運用に混乱が生じています。特に新型コロナウイルス感染症に伴う期間限定のものもあり、どんどん変わっていくので現場は大混乱しています。例年は改定内容を周知する説明会が開かれていましたが、今回は新型コロナウイルス感染症の影響ですべて中止されており、その周知さえ行われていません。そのような状況なので、今回の改定は延期するよう要望を出しましたが、かないませんでした。なぜ延期の判断ができなかったのか不思議です。

 安倍首相は国民の命よりも経済や自身のお友達を助けるのを優先しているのでは疑われる行動をしてばかりいるので、この騒動で他国の指導者はその対応を評価されて支持率が上がっているのに安倍首相だけは支持率が下がっているようです。長期政権になりすぎて傲慢になっていたツケが回ったのでしょうか。次の選挙までに信頼を取り戻す努力を強く求めたいと思います。

カテゴリー: 202005, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

認知症

認知症とは、脳の病気で、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりして、「物事を記憶したり、判断したりする能力」や「時間や場所、人などを認知する能力」が低下し、生活をする上で支障をきたしている状態です。

認知症は主に4種類あります。

・アルツハイマー型認知症…もの忘れ、日付や時間が分からなくなる。

・レビー小体型認知症…幻視、歩行が不安定になる。

・前頭側頭型認知症…性格の変化、同じ行動を繰り返す。

・脳血管性認知症…まだらな記憶障害、気持ちのコントロールができない。

「老化によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」には違いがあります。「老化によるもの忘れ」では、

体験の一部を忘れることはありますが、忘れたことを自覚しています。たとえば、食事したことは覚えているが、食べた物を忘れるといったことや、昔、活躍した歌手の名前が思い出せないなどです。

一方、「認知症によるもの忘れ」では、体験そのものを忘れたり、忘れたことが自覚できなかったりします。たとえば、食事したこと自体を忘れたり、ずっとやってきた料理の段取りを忘れたりです。

日本の認知症人口は現在約500万人以上、2025年には約700万人、65歳以上の約5人に一人になると言われています。自分が認知症になること、それは誰にとってもそれほど縁遠いことではありません。認知症は予防と早期の対応が重要です。以下のことで自分や家族に思い当たることはありませんか?

・頻繁に物を置き忘れたり、無くしたりする。

・ひとりになると怖がったり寂しがったりする。

・片付け・計算・運転などのミスが多くなった。

・身だしなみに気を使わなくなった。

・約束の日時や場所を間違えるようになった。

・意欲や気力がなくなり趣味にも関心がなくなった。

令和2年1月より名古屋市内の医療機関で、もの忘れ検診を実施するようになりました。対象者は65歳以上の名古屋市民で、無料で行っています。認知症は早期に診断・治療することにより進行を遅らせることができます。当院でも、もの忘れ検診を実施することができますので気になる方はお問い合わせください。

カテゴリー: 202005, 心理室より, 病気・治療 | 認知症 はコメントを受け付けていません。

院長より

 今年は暖冬のようで、著しく寒い日をあまり感じないまま、もう春一番の風が吹いたとのニュースが流れるなど、日を追うごとに、春の訪れを感じるようになってきました。このような寒暖の差は自律神経のバランスを乱しますから、今は年間を通じて一番様々な症状の悪化しやすい時期でもあります。皆様もご自愛の上、気になる症状がありましたら、ご相談下さい。

 私はスポーツにはほとんど興味がないのですが、自身にとって二回目、そしておそらく生涯最後になるであろう日本で開催される夏のオリンピックが近づいてきました。楽しみにされている方も多いと思いますが、新型コロナウイルス感染症という暗雲が世界中に広がっています。ここしばらくの間に感染拡大を止められなければ、オリンピックも中止となる可能性さえあります。政府も不要不急の外出を控え、人混みを避け、集会等への参加を自粛するようにと呼びかけています。感染を拡大させないためには必要な措置ですが、その一方で経済面では大きな悪影響を引き起こしてしまいます。学校が閉鎖され、登校できない方、会社員で自宅待機となった方もいらっしゃれば、買い物等に出かけるのも躊躇されている方もお見えです。実際デパートの売上もかなり落ち、旅館等もキャンセルが増え、世界大恐慌の始まりだと騒ぎ始めている方もいらっしゃるようです。そうかと思えば外国人観光客の減った観光地へ日本人観光客が舞い戻っているなどというニュースもありました。不思議な感じですが、やはり人間社会なんだなと妙に納得してしまいました。いずれにしろ報道を正しく読み解き、自身や家族を守る最善の方法を選択していただきたいと思います。皆の力を合わせて、この難局を乗り切っていきましょう。

 当院では検査センターと連携し、血液検査結果を最短で翌日午前中にお届けできるシステムを導入いたしました。最初だけご自身のスマートフォンを操作して、アプリから当院との連携をとっていただかないといけませんが、その後は血液検査を受けるたびに当院から院長がコメントを追加して皆様のスマートフォンにお届けすることができます。スマートフォンをお持ちの方はぜひ登録してみてください。また詳細は職員がお答えしますし、登録の手伝いもさせていただきますので、遠慮なくお問い合わせください。

カテゴリー: 202003, その他, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

新しいことを始めたい、けど怖い・・・

 もうすぐ春ですね。春は何か新しいことを始めたくなる季節ですよね。「新しいことを始めたいけど、なんとなく怖い…」という人も多いのではないでしょうか。なぜ新しいことに恐怖を感じてしまうのでしょうか。

現状維持バイアス

 現状に満足しておらず、新しいことを始めたい、環境を変えたいと思っているのにも関わらず、なかなか新しい一歩を踏み出すことができずに先送りにして、それまでの状態を続けてしまうことを現状維持バイアスと言います。現状維持バイアスは、“リスクを避けて自分を守りたい”という心理が無意識に働いているために起こります。現状を変えるということは、変化を起こすことになるので、それによって良い結果を得られる可能性がある一方で、失敗をして悪い結果になってしまう可能性もあり、リスクを伴います。また、新しいことを始めたり環境を変えたりするには労力も必要になります。しかし、現状を維持すれば、リスクを負うことも無駄な労力を使うこともなくて済みます。そのため、私たちは、無意識に何もしなくても良い理由を探してしまいます。

現状維持バイアスを克服するためには

1.自分の今の状態を自覚する

 自分が置かれている状況を自覚し、現状維持バイアスが働いていることを意識することが大切です。

2.第三者の意見を参考にする

 現状維持バイアスは主観的なものであり、自分の思い込みによるものが大きいです。また、自分一人では同じ考えから抜け出せず、解決策を見出すのが難しいです。その為、信頼できる第三者の客観的な意見を聞き、それを参考にすることも現状維持バイアスを克服する方法のひとつです。

3.計画を立てて徐々に変化を与える

 いきなり大きな変化を与えようとすると、恐怖や不安がより大きくなってしまいます。少しずつ変化させていくことも良いかと思います。

 新しいことを始めることで、新しいスキルが身に付いたり、生き甲斐が見つかったり、人との出会いがあったりと、良いこともたくさんあります。転職等、人生に大きくかかわることは難しいですが、趣味等で何か新しいことを始めてみたいと思った時は、「思い立ったが吉日」ということわざがあるように、勢いに任せて始めてしまうのもいいかもしれないですね。

カテゴリー: 202003, 心理室より | 新しいことを始めたい、けど怖い・・・ はコメントを受け付けていません。