院長より

今年も例年同様に不安定な天気が続いています。全国各地で台風やゲリラ豪雨、竜巻など様々な天災が発生していますが、被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈りいたします。また、不安定な気候の影響を受け、自律神経も乱れやすい時期です。不調を感じたら早めの受診をお勧めいたします。
 多数の議席数と支持率の高さを誇った安倍政権の後に続いた菅政権ですが、官房長官時代に有能だとか言われていた化けの皮がどんどん剥がれ、コロナ禍での対応も含め、何もきちんと対応できていないのではと言われ、危機意識も欠落し、先手を打つこともできないことがわかってしまいました。そのため、全面的に応援した地方首長の選曲でも勝てず、今度の国政選挙では菅首相では勝てないと、菅おろしが始まっているようです。この9月には衆議院選挙と自民党総裁選挙もあるようです。オリンピックを無理やり開催することで自身の不手際を有耶無耶にして選挙に勝とうとしたようですが、失敗したのではと感じます。直接的にオリンピック開催によってコロナ感染者が増えたわけではないにしろ、国民に自粛を要求し、その一方で国の行事だけ、それもお祭りだけやっていれば、気も緩むし、国の要求に答えるのが無駄に思えてきてもやむを得ないですね。とはいえ、自身の健康、家族の健康を守るのは最終的には自分自身ですので、慎重に考え、行動していただきたいです。そして毎回書いていますが、私達の考えを政治に反映させる最も効果的な方法が選挙です。小さな小さな一票ですが、その一票が国を変える、政治を変える力になります。ですから必ず選挙には参加し、大事な一票を投じてください。
 またインフルエンザワクチン接種の時期が近づいてきましたが、まだ詳細は未定です。おそらく例年同様の時期になりますが、確定した情報は随時お知らせしますので、お気軽に職員までお問い合わせください。コロナワクチン接種も引続き行っていきますので、まだ未接種の方は副反応の怖さより、感染したときの怖さを考え、デマに惑わされることなく接種していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 202109, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません

情報収集において大切なこと

 新型コロナウィルスの感染拡大は留まるところを知らず、現在多くの都道府県に対して緊急事態宣言が発令されています。コロナ禍における生活が1年半近くも続くと、テレビやインターネットにはコロナウィルスに関する数限りない情報が溢れかえっています。科学的根拠に基づいた信憑性のある情報も多く存在する一方で、信憑性に欠ける情報や、人々の不安や恐怖心を必要以上に誘発するような悪質なデマも数多く出回っています。特に最近では、根拠もなくワクチン接種に反対するようなインターネット上の記事や動画も少なくなく、それらの情報に惑わされてワクチンを接種することに否定的になる人もいるようです。たとえ頭の中ではデタラメだと分かっていたとしても、一度そのような情報を目にすると、「もしかしたら正しいのかもしれない」という考えが生じてくるとも考えられます。時にはたった1つの情報が、私たちの考え方や判断に影響を及ぼすことがあります。

 コロナ関連の情報に限らず、私たちは日頃からありとあらゆる情報を収集し、得られた複数の情報を整理した上で物事を判断することが多くあります。しかし、収集した情報が誤っていたり、集まった複数の情報に偏りが生じていることにより、特定の物事に対して歪んだ考え方を持つようになる、という可能性が出てきます。情報を収集したり、整理したりする際に生じやすいエラー(誤り)として、主なものを以下に挙げます。

・固定観念:先ず、情報収集の段階における誤りとして、あらかじめ持っている固定観念に合わせた情報収集をする、ということが挙げられます。自分の考え方に類似した情報にばかりに注意がいくことにより、異なる情報が取りこぼされ、結果として自分の考えに近い情報ばかりが収集される、ということです。ワクチンは危険だ、という考えをもともと持っている人は、そうでない人よりも、ワクチンの危険性を謳った記事により多く目を通しやすくなります。

・動機付け:動機付けとは、人が一定の目標に向かって行動を開始し、それを維持する心の動きのことです。動機付けの度合いが情報の判断に影響を及ぼすことがあります。例えば、「自分はダイエットに関する知識がある」と思っている人は、ダイエットに関する情報を多方面から収集しよう、という動機付けが低くなることによって、必要な情報を十分に検討することなく物事を判断する、ということが考えられます。

・貧弱な情報:たった少数の事例に出くわしただけであるにも関わらず、その事例を一般化してしまうことです。例えば、「自分の周囲にはA社に入社した人が1人いるけど、うまくいっていないようだ。だからA社に入社するのは誰に対してもおすすめしない」といったことが具体例に当たります。

・誤情報:そもそもの収集した情報が偏ったものである場合は、それに基づいてなされる判断や推論が質の低いものとなってしまいます。情報を収集している段階ではそれが偏ったものだと気づかないため、偏った情報を複数得てそれを整理することにより、結果としてその後の物事の判断も偏ったものになります。

 日常生活において情報を取捨選択し、行動しなければならない機会は数多くあります。大量の情報を目にすることで、何を信じたら良いか分からない、といったことも生じてくることも想定され、それが精神的なストレスに繋がりかねないこともあるでしょう。1つの情報に過度に囚われることなく、常に多方面の情報にアンテナを張り巡らし、客観的な視点を持つことによって、より正確で慎重な判断ができるようになると思われます。特に長きにわたるコロナ禍での生活は、より一層不安やストレスを感じやすくなることが考えられるため、是非意識してみて下さい。

参考文献:「心理学(有斐閣出版)」

カテゴリー: 202109, 心理室より | 情報収集において大切なこと はコメントを受け付けていません

院長より

 例年より一ヶ月も早く始まった梅雨もまだまだ終わりません。この時期は急に発達した積乱雲によって、局所的に大雨をもたらし、大きな被害が出るので心配です。またこの時期は寒暖の差が大きいので、自律神経のバランスが乱れやすく、精神的にも不安定になりやすいので、身体や心の不調をお感じになった際にはご相談ください。

 コロナ禍で延期となり、いよいよ今年7月末に開催される東京オリンピックですが、この原稿を準備している6月末には、東京で感染者数が増加し、第五波の到来が疑われています。観客も大幅に制限されての開催となるのか、はたまた無観客となるのか、再抽選となったチケットも払い戻し不可とも言われている中、どうなるのか。ノベルティグッズも大量に売れ残ることが予想されているなど暗い話ばかりが聞こえてきます。一度やると決めたらどんなことをしてでもやる、撤退はしないという今度のオリンピック騒動で改めて見えた国の姿勢ですが、戦争突入時やダム建設や原子力発電推進などの場合と重ね合わせて見えてしまいます。立ち止まって再考することがなぜできないのでしょうか。

 65歳以上の国民の半数程度にコロナワクチン接種が行われたそうです。この先順次対象年齢が下がり8月末までには接種券の発送が終わり、年内には対象年齢の方へのワクチン接種が一段落するそうです。当院でもワクチン接種を行っておりますが、少人数にしか対応できないなど制限があります。その一歩で大規模接種会場では予約の枠が埋まらないなど偏在が見られるようです。なるべく多くの方がワクチン接種を受けることで集団免疫が作られ、感染拡大に歯止めをかけることができるようになります。皆でコロナに立ち向かいましょう。

カテゴリー: 202107, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません

認知症の方への接し方

 先月7日、アルツハイマー型認知症の病理に作用する唯一の治療薬として、アデュカヌマブが米国食品医薬品局により承認されたことはご存知でしょうか。それまでアルツハイマー型認知症への治療薬は根本的な治療を行うものは承認されておらず、薬で症状の進行を遅らせるという治療が行われてきました。また、アルツハイマー型認知症の新薬がアメリカで承認されたのは18年ぶりであり、認知症患者やその家族にとって、とても嬉しいニュースとなりました。しかし、日本では現時点では未承認の為、私たちがアデュカヌマブを使用できるようになるには、まだ時間がかかってしまいそうです。

 厚生労働省によると、2015年1月の時点で日本の認知症患者数は約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。また、2025年には約700万人、64歳以上の約5人に1人を占めることになるのではないかと言われています。 

 認知症の方に対して、一緒に過ごす時間の長い人ほどストレスを強く感じてしまうことが多くあります。病気のせいとわかっていても酷くイライラしてしまったり疲弊してしまったりするかと思います。家族が認知症を受け入れるまでに4つの心理ステップがあります。

1.戸惑い、否定

2.混乱、怒り、拒絶

3.あきらめる、割り切り 

4.受容

 はじめは家族が認知症になったことに戸惑い、それを否定したいと思ってしまいます。そのうちに症状が強くなってくると混乱し、認知症患者に対して怒りを抱くことが多くあります。時間はかかりますが、「認知症だから仕方ない」と次第に諦めや割り切る気持ちが現れ、徐々に受容できるよう になっていきます。

 認知症の方と接する場合、どのようにコミュニケーションをとったら良いのか、不安に感じてしまうことも多いと思います。

○否定したり叱ったりしない

 認知症が進むと、それまで出来ていたことができなくなったり、記憶力が低下してほんの少し前のこともわすれてしまったりすることが出てきます。事実と違うことを主張することもあるかもしれませんが、それは本人にとっては事実なのです。それをこちらが否定し続けてしまうと、認知症の方を傷つけてしまいます。ただ否定するだけではなく、話を聞いてあげるようにしましょう。

〇褒める、感謝する、相槌をうつ

 認知症の方と会話するときは、褒める、感謝する、相槌をうつの3つを心がけましょう。

〇放置するなど、ストレスを与えることはしない

 ストレスを与えられたり、放置されたりして不満が溜まってしまうと、大きな声を出す、暴力的になる等の行動がおこることがあります。

〇かけがえのない存在であることを認識してもらう

 それまでできていたことができなくなることは認知症の方にとっても、とても不安なことです。認知症になっても家族や周りの人の役に立つ存在であり、家事等で貢献していることを感謝とともに伝えるようにすると良いです。

  認知症の有無に問わず、加齢により聴力が衰えていきます。そのため、声をかけるときには、「耳元で大きく、ゆっくり話す」「目線を合わせて、目を見て話す」「可能な限り日常の障害を取り除く」ということに気を付けて声をかけるようにしましょう。

 では、実際の場面ではどのように対処したら良いのでしょうか。

〇「財布を盗られた」等の物盗られ妄想

 「誰も盗ってないよ」と事実を伝えても、疑いの気持ちが増すだけです。本人の怒りや不安な気持ちを共有しながら、一緒に探すようにしましょう。また、家族が見つけて手渡すと、「やっぱり隠してた」と思われてしまうこともあります。なるべく本人が自分で見つけることのできるように手助けをしてあげると良いです。また、見つかった時には一緒に喜ぶようにしましょう。

〇「あなたは誰?」等の人物誤認

 本人の両親や友人等、特定の人物と間違われた場合は、その人物になりきって返事をすると安心してもらえます。見ず知らずの他人と間違われたときには、あまり刺激をしないようにいったん目の前から去って落ち着くのを待ってみると良いです。

〇「帰り道がわからない」等の徘徊

 出かけようとしているのに気が付いた時は、できれば一緒にでけて、気が治まったら自宅に戻ると良いですが、実際には気づいたらいなくなっていたということも多いです。認知症徘徊感知機器やGPSを利用したり、連絡先を書いた紙をお守りに入れて身に着けてもらう等、一人で家を出てしまっても周囲の人が見つけてもらえるように予め対策をしておきましょう。

〇「今日は何月何日?」等の見当識障害

 見やすい場所に日付表示がついた時計を置き、一緒に見ながら確認するようにすると良いです。

〇「ご飯まだ?」等の物忘れ

 「さっき食べたよ」と伝えても納得してもらえません。認知症の方に合わせて、「用意してくるね」と伝え、少し時間を空けることで、食事を欲しがっていたことを忘れるのを待つのが良いでしょう。

〇失禁や便いじり等の問題行動

 厳しく叱っても本人が傷つくだけで、問題行動がなくなることはありません。失禁や便いじり等の問題行動が見られても、「濡れたから着替えようか」等、穏やかに対応してあげるようにしましょう。

〇攻撃的になり暴言や暴力をする等の性格変化

 認知症の方が攻撃的になると、家族等の周囲の人たちもヒートアップしてしまうことがあります。一緒にヒートアップせず、落ち着いて怒りの原因を探し共感してあげるようにしましょう。どうしても〇「誰かに狙われている」等の幻覚

 誰もいないのに何かがいると言うことはよくあります。「誰もいない」と否定してしまわずに、追い払う振りをしたり、一緒にその場を離れたりして、守ってあげようとする様子を見せてあげると良いです。

 認知症により様々な症状が出現します。症状によっては服薬により改善されるものもあります。何か困っていることがあれば、主治医に相談してみてください。

カテゴリー: 202107, 心理室より, 病気・治療 | 認知症の方への接し方 はコメントを受け付けていません