院長より

 徐々に日が伸び、草木も芽吹き、日中温かいと感じる日が増え、いい季節を迎えようとしています。しかし、まだ特に夜間は冷え込む日が続いています。このような昼夜あるいは日々の寒暖の差は自律神経のバランスを乱し、めまいや立ちくらみ、動悸などの症状が起こりやすく、風邪もひきやすい時期でもありますので、皆様ご自愛くださいますようお願いいたします。

 また花粉症の症状がそろそろ出始めた方が多いのではないでしょうか。今年はひどいと訴えて受診される患者さんも増えてまいりました。当院は花粉症の治療も行っておりますので、症状にお困りでしたら、ご相談ください。

さてやっと待望のコロナウイルス感染症の予防接種(ワクチン)が始まるようです。3月から医療関係者、4月から高齢者や基礎疾患のある方への接種を行い、その後その他の方への接種となるようですが、現時点で詳細は不明です。具体的なスケジュールや方法は各自治体によって異なるようですが、接種対象者には接種券(クーポン)が送られてきますので、それが届いたら接種を受けてください。当院でも接種できるよう手配はしていますが、保管方法等取り扱いが難しいワクチンですので、ある程度場所が限定されるようです。どこで受けられるかもクーポンと一緒に案内が届くと思いますのでご確認ください。副作用等が怖いので受けたくないと考えている方もいらっしゃると思いますが、集団免疫をつけるためにはできるだけ多くの方が接種を受けている必要があります。万が一ご自身がコロナウイルス感染症にかかってしまうと、ご家族友人にも感染させてしまうという危険性がありますが、予防接種を受けていればこの危険性をかなり下げることができます。是非前向きにご検討ください。

 また皆が感染予防策を講じているためだと思いますが、インフルエンザはじめ感染症での死亡者が昨年から激減しています。コロナだけではなく多くの感染症予防にマスク、手洗い、蜜を避けることが有効だとわかったので、ワクチン接種後も同様の習慣を続けることをおすすめします。

カテゴリー: 202103, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません

適度な飲酒を心掛けよう

 新型コロナウィルスの流行に伴い、飲酒に関して悩みを抱える人が増えているようです。多くの人が外出自粛を意識することで、外で飲み会をする機会は減少している一方で、在宅時間が長いことやコロナ禍における不安感が増大することなどから、自宅での飲酒量が増加したり、一度アルコール依存症を克服した人が再び多量の飲酒をするようになった、という事例が見られます。

アルコール依存症のチェックシートとして最もよく使用されるものが、WHO(世界保健機関)が作成した「AUDIT」です。以下に掲載しますので、ご自身のアルコールとの付き合い方についてチェックするために、ぜひ一度やってみてください。

※1ドリンクの目安は、ビール中ビン半分、日本酒0,5合、焼酎(25度)50ml程度です。

(1) あなたはアルコール含有飲料(お酒)をどのくらいの頻度で飲みますか?

0:飲まない 1:月に 1度以下 2:月に2~4度 3:週に2~3度 4:週に4度以上

(2) 飲酒するときには通常どのくらいの量を飲みますか?

0:0~2ドリンク 1:3~4ドリンク 2:5~6ドリンク 3:7~9ドリンク 4:10ドリンク以上

(3) 1度に6ドリンク以上飲酒することがどのくらいの頻度でありますか?

0:ない 1:月に1度未満 2:月に1度 3:週に1度 4:毎日あるいはほとんど毎日

(4) 過去1年間に、飲み始めると止められなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

0:ない 1:月に1度未満 2:月に1度 3:週に1度 4:毎日あるいはほとんど毎日

(5) 過去1年間に、普通だと行えることを飲酒していたためにできなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

0:ない 1:月に1度未満 2:月に1度 3:週に1度 4:毎日あるいはほとんど毎日

(6) 過去1年間に、深酒の後体調を整えるために、朝迎え酒をしなければならなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

0:ない 1:月に1度未満 2:月に1度 3:週に1度 4:毎日あるいはほとんど毎日

(7) 過去1年間に、飲酒後罪悪感や自責の念にかられたことが、どのくらいの頻度でありましたか?

0:ない 1:月に1度未満 2:月に1度 3:週に1度 4:毎日あるいはほとんど毎日

(8) 過去1年間に、飲酒のための前夜の出来事を思い出せなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

0:ない 1:月に1度未満 2:月に1度 3:週に1度 4:毎日あるいはほとんど毎日

(9) あなたの飲酒のために、あなた自身か他の誰かがけがをしたことがありますか?

0:ない 2:あるが、過去1年間にはなし 4:過去1年間にあり

(10) 肉親や親戚、友人、医師、あるいは他の健康管理にたずさわる人が、あなたの飲酒について心配したり、飲酒量を減らすように勧めたりしたことがありますか?

0:ない 2:あるが、過去1年間にはなし 4:過去1年間にあり

チェックした数字の合計が、0~7点であれば問題飲酒なし、8~14点であれば問題飲酒はあるが依存症にはならない、15点以上であれば依存症の疑いあり、という結果になります。

 過剰な飲酒はアルコール依存症に繋がる可能性がありますが、適度な飲酒は日頃のストレスを和らげるなどの効果があります。過度に負荷をかけない、適切な飲み方でお酒を楽しむように心掛けましょう。例えば、アルコールの吸収速度を遅らせるために空腹時の飲酒を避け、食事の際に程よいペースで飲むことや、毎日飲んでいる方は週に1、2回飲まない日を決めて肝臓を休めるなどの工夫をすることで、飲酒による身体への負担を減らすことができます。また、AUDITの点数が高かったり、ここ1年で明らかに飲酒の量が増えたなと感じる方は、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 202103, 心理室より, 病気・治療 | 適度な飲酒を心掛けよう はコメントを受け付けていません

院長より

あけましておめでとうございます。
 今年も年末から年始にかけては寒い日が続き、数年に一度の大雪となり、様々な被害もあったようです。このような低気圧や屋内外の寒暖の差が自律神経のバランスを乱し、さまざまな自律神経失調症状を起こしますのでご注意下さい。

 今回はインフルエンザワクチン摂取希望者急増により、摂取開始早々に予定数充足となり、その後も入荷が不定期となり、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。今年はコロナウイルスのワクチン摂取開始が予定されておりますが、ワクチンの取り扱い方法が特殊でどのような形で摂取することになるのか、まだわかっておりません。今後も情報収集には努めますので、なにかご不明点があればお聞きください。また肺炎球菌ワクチンや帯状疱疹などの予防接種はお済みでしょうか。予防接種は接種後、効果を出すまでにある程度の期間が必要で、すぐ効果が出るわけではありません。なるべく早めに接種するようにしましょう。

 昨年はコロナ一色の年になってしまい、オリンピックも延期となり、今年の開催も危ぶまれています。良いニュースは前述の通りワクチン接種が始まりそうだということです。悪いニュースはより感染力が強くなった変異株が発生していることでそれに対してワクチンが有効かどうかわからないことです。インフルエンザと同様に毎年流行を予想しながら追いかけっことなるのでしょうか。その点も含めてまだまだ未知なウイルスであること、軽症で終わった方も後遺症で悩まされることがあること、症状の急変があること等々インフルエンザより遥かに厄介なウイルスですので、手洗い等を油断せずつ続けることが今後の生活スタイルになりそうです。ご注意ください。

 ストレスチェック制度が始まって数年経ちましたので、多くの方が受けたのではと思います。労働者の仕事によるストレスの程度を把握し、労働者自身にストレスへの気付きを促し、職場改善に努めることで労働者がメンタルヘルス不調になることを未然に防止することを目的に創設された制度で、事業場に実施する義務があります。相談したりする同僚や上司がいないと感じたり、仕事に自分の裁量がないと感じたりすることが強いストレスにつながっていくようです。当院も産業医として、また精神科医としてこの制度と関わっておりますので、何かありましたら相談してください。

カテゴリー: 202101, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません

リラクゼーション法(漸進的筋弛緩法)

 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、行動を大きく制限されたり、これまでと全く違った生活を余儀なくされたりすることで、ストレスを抱えている方が増えていることかと思います。当医院の医院便り9月号では、リラックス方法の一つとして腹式呼吸について紹介をしましたが、今回は漸進的筋弛緩法を紹介したいと思います。

 「リラックスをしてください」「体の力を抜いてください」と言われても、なかなか力を抜いてリラックスすることができません。力を抜いたつもりでも、実際には力が入ってしまっています。一番筋肉の緊張がとれやすいのは、筋肉を緊張させた直後です。これを利用した方法が漸進的筋弛緩法です。

漸進的筋弛緩法のやり方

1.できるだけ落ち着いた環境で行いましょう。部屋の明かりは薄暗くします。気持ちが落ち着くような音楽を流したり、アロマを焚いたりしてもよいです。

2.リラックスできる体勢になりましょう。アクセサリーやベルト、メガネ等の身に着けているものを外し、仰向けに寝転ぶか、椅子に座ります。椅子に座る場合は、背もたれに寄りかからず、浅く腰掛け、両足を肩幅まで広げて、足を床につけます。両手は膝の上に置きます。

3.腹式呼吸を数回行い、呼吸を整えましょう

4.頭からつま先、つま先から頭など、体の各部分に意識を向けていきましょう。息を吸いながら力を入れ、息をゆっくり吐きながら力を抜いていきます。力を抜くときに、筋肉が緩んで緊張が取れていく感覚を感じます。

各部位の力の入れ方

1.足:足先を下に向け、内側に縮めます。

2.ふくらはぎと足:つま先を手前に引いて、ふくらはぎの筋肉を縮めます。

3.足全体:1,2を行いながら、太ももの筋肉をしぼります。

4.手:こぶしを握ります。

5.腕:肘を曲げ、握りこぶしに力を入れて力こぶを作ります。

6.おしり:お尻に力をいれます。

7.お腹:お腹にぐっと力を入れて、へこませます。

8.首と肩:耳にまれ触れるようなイメージで肩を上げます。

9.口:口をできるだけ大きく広げます。

10.目:瞼をギュッと瞑ります。

11.頬:眉毛をできるだけ上まで上げます。

リラクゼーション法の効果

 自分の身体の緊張やリラックスの状態を意識することで、自分の身体に対する感覚が敏感になっていきます。また、リラクゼーション法を続けることによって、自分の身体が緊張しているということに気づくことができるようになっていきます。身体の力みがなくなり、不安感や不眠、肩こり等が改善されていきます。

 常に体が緊張している人は、自分自身では体が緊張していることに気づきにくく、力を抜いてリラックスすることが難しいと感じるかもしれません。今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 202101, 心理室より, 病気・治療 | リラクゼーション法(漸進的筋弛緩法) はコメントを受け付けていません