院長より

 春の穏やかな晴れの日が続いたと思ったら、急に冷え込む日になったりと、寒暖の差の大きな時期です。このような寒暖の差により自律神経のバランスが崩れやすくなりますのでお気をつけになってください。以前にもお伝えしましたが、同じように症状があっても、原因が理解できている方とそうでない方とでは困り方も直り方も違います。原因が自分なりに理解できている方は、そんなもんだと思えますし、いつごろ収まるとか、どの程度まで悪くなるかとかを予測できますので、不安要素が増えず、その結果、症状の改善が早まることが期待できます。ご自身の病気、症状を受け入れて、戦うべきところと戦わなくてもいいところの見極めができるようになるといいですね。また、幸福感というのも自分が感じる感情ですから、他人と比較するものではありません。人が羨むような生活をしていたとしても本人が幸福だと感じてなければ幸福ではないですし、その逆も然りです。幸せ探しをするのではなく、幸せと感じてください。身近な些細なことを幸せだと感じることができれば、豊かな人生になっていくと思いませんか。
 先日市長選が終わりました。盛り上がりに欠け、投票率も低かったようですが、再選された市長の得票数はその割にはかなり多く、圧勝と言える状態でした。これはもっと名古屋市を良くしてもらえるという市民の期待の現れなのでしょうか。レゴランドのオープンにより、行ってみたい場所になった名古屋ですが、木造の天守閣はさらなる観光客誘致に結びつくのでしょうか。いずれにしろ名古屋が魅力ある都市になるといいですね。住んでいる土地が住みやすくなるのに必要なのは、やはり政治の力です。志高く政治を行うもの、それをきちんと応援するもの、両者がうまく回って、住みやすい安全な町造りができると思いますので、一人一人があきらめないようにしましょう。

カテゴリー: 201705, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

五月病

新年度が始まり1ヶ月が経ちました。
4月から新しい環境になり、さまざまな刺激がやってきます。新しい人との出会い、生活の変化、これらの新しいものがやってきた際に、人はなんとかその環境の変化に適応しようとしますが、それはとてもストレスになるようです。5月始めの連休でプツンと気持ちが切れてしまい、今までの精神的疲れがどっとくるという原理で「五月病」になるようです。
「五月病」とは医学的な病名ではなく、明確な診断基準はありません。環境への適応が難しく精神的、身体的不調が出る適応障害の一種とされています。

心の症状→元気がない、意欲が低下する、集中力が続かない、イライラする
身体の症状→眠れない、頭痛、腹痛を伴う下痢、胃痛

これらの症状はじわじわと表れ、悪化することもあります。ただし、出勤、通学できないほどひどくなることは珍しく、欠勤、欠席するようになったら五月病以外の病気になっている可能性が高いと言えます。

五月病になりやすい人はこのような特徴を持っているとされています。
・真面目で何事にもきちんと取り組もうと思っている人
・理想が高く、割り切ることが難しい人

五月病かなと感じたら、気分転換、リラックスできることをしてみましょう。

・運動をする
・歌をうたう
・美味しいものを食べる
・好きな映画やドラマを観る
・本を読む、音楽を聴く
・よく寝る
・ゆっくりお風呂に入る
・心許せる友人と話をする

これらのことは、五月病の予防にもなります。こまめにストレス発散をし、溜め込まないことが大切です。

これまでは、五月病は一過性のもので、一時的に調子を崩しても次第に適応することによって元通りになると考えられてきましたが、近年、症状が長く続き、6ヶ月あるいはもっと長引くこともあると言われています。
また、いろいろな対処法を試してみても、心身の不調がなかなか治らない場合、軽度のうつ状態の可能性もあります。

抑うつ気分、意欲低下、イライラ感、自責感、思考力の低下、食欲低下、睡眠リズムの乱れ
これらの症状が続く場合、いつもと違うと感じたら、一人で悩まず、まずは専門家(精神科、心療内科等)に相談してみましょう。

カテゴリー: 201705, 心理室より, 病気・治療 | 五月病 はコメントを受け付けていません。

院長より

 徐々に日が伸び、草木も芽吹き、日中温かいと感じる日が増え、いい季節を迎えようとしていますが、まだまだ寒い日もあり、特に夜間は冷え込む日が続いています。このような寒暖の差は自律神経のバランスを乱し、めまいや立ちくらみ、動悸などの症状が起こりやすく、風邪もひきやすい時期でもありますので、皆様ご自愛くださいますようお願いいたします。
 高齢者による事故が新聞紙面をにぎわし、いよいよ運転免許更新時の認知症のチェックがきびしく行われるようです。高齢者による事故の件数は極端に増えているわけではないようですが、新聞報道が増えると件数も多くなっている気がするから不思議です。自動運転の実用化に向けての研究も進んでおり、いずれ運転手のいらない乗り物が出てくれば解決してしまう問題でも、現状での解決方法としては免許を取り上げる方法になるのでしょう。しかし認知症の方が運転免許証を返納したかどうかを気にするのでしょうか。とはいえ法律で決まった制度ですから守らなければなりません。相談は随時受け付けておりますので、何かあれば遠慮なくご相談ください。
 まもなく名古屋市長選挙があり、そして、もしかすると年内に衆議院議員選挙が行われるかもしれません。どんな市にしたいか、どんな国にしたいかは一人一人の声で決まりますが、その声を届ける唯一の場が選挙です。選挙で投票することだけが、自分の思いを政治に届ける方法です。一人一人の声は小さいので出しても無駄だという人もいますが、出さなければ絶対に届きません。投票には必ず行きましょう。

カテゴリー: 201703, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

気持ちの伝え方

 こんなことで悩んだ経験はありませんか。
「つい言いすぎて相手をひどく傷つけてしまった」
「Noと断れずに嫌なことを引き受けてしまった」
「伝えなければいけないけど、言いにくくて先延ばしにしてしまった」
 こういったことは誰でも日常的に起こるものかと思います。これらは、「自分」か「相手」のどちらかを優先しすぎてしまっているのです。そういったとき、どのように伝えれば相手も自分もハッピーになれるのでしょうか。

気持ちの伝え方には3つあります。
1.「私はOK、あなたはOKではない」I’m OK, you’re not OK.
これでは自分が一番で相手のことなどお構いなしになっているので、相手との関係は悪くなってしまいます。
2.「私はOKではないけど、あなたはOK」I’m not OK, you’re OK.
相手のことを優先して、自分は我慢している為、自分が苦しくなってしまいます。
3.「私もOKで、あなたもOK」I’m OK, you’re OK.
この伝え方ができると、自分の気持ちを伝えながら、相手の気持ちにも耳を傾けることができます。

気持ちが上手に伝わらないとき、気づかないうちに「相手を責める伝え方」になっていませんか。「相手は自分の鏡」です。あなたが攻撃的になると、相手も攻撃的になってしまいます。そうなると、あなたと相手の心の溝が広がって、ますますコミュニケーション取りづらくなってしまいます。そして、あなたは「原因は相手にある!」と考えてしまうかもしれないですね。でも、実はあなたの伝え方に問題があったのかもしれません。

ユーメッセージになってしませんか。
ユーメッセージとは、「あなた」を主語にする伝え方で、「あなたに~させる、してほしい」といった表現になります。例えば、「君は間違っている」「遅刻だぞ」「言うことを聞けよ」と、「ユーメッセージ」は相手の非難のメッセージになりやすいため、相手の反感を買ってしまうことにもつながります。「君は間違っている」と言われたら、「いや、お前が間違っている!」とついつい言い返したくなってしまいますよね。

そうならないために、アイメッセージを使いましょう。「わたし」を主語にして。「私は○○と思います」と、自分の気持ちを伝えることで、批判的にならずに伝えることができます。

実際に、ユーをアイに替えてみます。
「君は間違っている!」は「私の考えは、あなたの考えと違うよ。」、「遅刻だぞ」は「時間になっても来ないから、私は心配したよ」、「言うことを聞けよ!」は「すごく大事なことだから聞いてほしい」と変えてみると、柔らかい伝え方になりますよね。

アイメッセージは愛メッセージともいわれ、相手を大切にした伝え方です。特にどうしても注意しなければならないときや、教えなければならない時に、感情的に攻撃的になってしまいますよね。でも、そうなると相手と良い関係性を築くことができません。ユーをアイに替えてみてください。

言葉以外に大切なもの
気持ちを伝えるために、言葉以外にも大切なものがあります。私たちのコミュニケーションの大半は、言葉以外の視線、表情、ふるまい、声の調子や大きさなどで表現をします。「あなたと遊んで楽しかったよ」と言われても、表情が曇っていたり、声の調子が暗かったりしたら、本当に楽しかったとは思えませんよね。言葉以外の表現にも気を配ることが大切です。

私もあなたも大切な存在です。相手に愛をもって気持ちを伝えてみてください。

カテゴリー: 201703, 心理室より | 気持ちの伝え方 はコメントを受け付けていません。