院長より

 令和元年となりました。平成最後の〇〇という単語が街を飛び交いましたが、今度は令和最初の〇〇なんて言葉が流行るのでしょうね。この際西暦表示に変えたらどうかとか様々な意見はありますが、元号もまだまだ使われていきます。コンピューターもOSで元号に対応されていますが、まだ令和に対応したものは少なく、多くは次のアップデートから対応する予定だそうです。

 ゴールデンウィークが始まる直前、夏日があったと思ったら、連休中は冷え込み雪が降るところがあるかもなどという天気予報が流れ、その寒暖の差の大きさにびっくりしてしまいます。皆様、体調はいかがでしょうか。このような寒暖の差は自律神経のバランスを崩しやすくし、また精神的にも不安定になりますのでお気をつけになってください。ただ同じように症状があっても、原因が理解できている方とそうでない方とでは困り方も違いますし、直り方も違います。原因が自分なりに理解できている方は、そんなもんだと思えますし、いつごろ収まるとか、どの程度まで悪くなるかとかを予測できますので、不安要素が増えず、その結果直るのも早くなります。天候の変化などは理解、予測しやすい要素ですので、考えてみてください。

  統一地方選挙が終わりました。盛り上がりに欠け、投票率も低く、また全国各地で立候補者が定数を超えなかったため投票さえ行われなかったことも多かったようです。住んでいる土地を住みやすくするのは、やはり政治の力です。志高く政治を行うもの、それをきちんと応援するもの、両者がうまく回って、住みやすい安全な町造りができると思いますので、一人一人があきらめないようにしましょう。 消費税増税が間近に迫っていますが、ここに来て据え置き、あるいは5%に下げて次の国政選挙に臨もうとする動きがあるようです。税金が上がらないのはうれしいことですが、毎回のように繰り返されると国民を釣る餌にしているようで不快に感じます。信念を貫く政治家に投票したいと思います。

カテゴリー: 201905, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

5月 疲れがたまりやすい月

だんだんと暖かくなってきましたね。ですが、涼しい日もあったりして体温調節が難しい季節となってきました。体調を崩しやすいので、なんだか変かなと思うときには早めに休養をとってください。

では、今月のテーマは”5月病”です。5月病とは、5月の連休後にいつものことがやれなくなったりなんとなく集中できないなどのことで、仕事や学校などにいけなくなることを指します。正式な病気の名前ではなく総称です。

4月から自身の環境が変化した人もいらっしゃるかと思います。もしくは、何か新しいことを始めていなくとも周りの方が変わることもあります。変わっていくことが楽しみな半面、今までの自分のペースとは違うことを続けるのは多少無理をしていることも多いですよね。4月に入って体調を崩した人もいるかも知れません。また、体調は崩していない人もすぐにゴールデンウィークがあるので、そのタイミングで休んだりすることも大事です。思っているよりも変化することは心身に影響を与えていることも多いのです。

このような状態は誰でにでもなる可能性はあります。このGWの後に、バーンアウト状態になる方もおり、その場合はもっと深刻かもしれません。

よく耳にすることもあるかと思いますが”バーンアウト症候群”という使われ方が多いです。”燃え尽き症候群”とも言われていて、こちらのほうが馴染みがあるかもしれません。バーンアウト症候群とは、それまで一つのことに没頭していた人が、心身の疲労により燃え尽きたように意欲を失い、社会生活にうまく適応できなくなることのことを指します。

このような状態になる前に、できるだけ早く休養をとってください。新しい環境に慣れようと無理をしていて、睡眠時間がへっていたり、食事が不規則になったりすることもあるかと思います。まずは、生活リズムを一度整えて、自分の体をゆっくりと休めることが大切です。

うまく寝れなかったり、食事が取れないという人は、一度病院で相談してください。

カテゴリー: 201905, 心理室より | 5月 疲れがたまりやすい月 はコメントを受け付けていません。

院長より

 徐々に日が伸び、草木も芽吹き、日中温かいと感じる日が増えてきました。いい季節を迎えようとしていますが、まだまだ寒い日もあり、特に夜間は冷え込む日が続いています。このような寒暖の差は自律神経のバランスを乱し、めまいや立ちくらみ、動悸などの症状が起こりやすく、風邪もひきやすい時期でもありますので、皆様ご自愛くださいますようお願いいたします。

 また花粉症の症状がそろそろ出始めた方が多いのではないでしょうか。今年はひどいと訴えて受診される患者さんも増えてまいりました。当院は花粉症の治療も行っておりますので、症状にお困りでしたら、ご相談ください。

 いよいよ天皇陛下が退位され、皇太子殿下が即位されます。それとともに平成が終わり新たな年号に変わるのですが、どうなるのでしょうか。いろいろな行事のため、増えた国民の祝日と代休のため今年のゴールデンウィークは長いと10連休となり、当院も9連休となってしまいます。これだけ長期の休みは開院以来初めてですが、薬がなくなってしまったりしないよう事前に十分ご注意ください。
 さて先日愛知県知事選があり、大村知事が再選を果たしましたが、今年は4月に名古屋市会議員・愛知県議会議員選挙、7月には参議院選挙がある予定です。そして10月からは消費税増税が行われようとしています。どんな市、県にしたいか、どんな国にしたいかは一人一人の声で決まりますが、その声を届ける唯一の場が選挙です。選挙で投票することだけが、自分の思いを政治に届ける方法です。一人一人の声は小さいので出しても無駄だという人もいますが、出さなければ絶対に届きません。投票には必ず行きましょう。

カテゴリー: 201903, 院長より | 院長より はコメントを受け付けていません。

ストレスの対処法

みなさんは、生活している中で「ストレスが溜まったな」、「なんだかイライラするな」と感じる日はありませんか?人間関係、仕事、家事、育児など、日常生活を送っていると疲れてしまう日もありますよね。そんな時、みなさんはどのように過ごしているのでしょうか。

今回はそのようなストレス対処の方法のコツを2つ紹介します。

1.問題解決に向けて行動すること

1つ目のコツはストレスの原因に対して直接解決を試みることです。

例えば、「物事で失敗してしまった」「対人関係で上手くいかなかった」という場合、「次は失敗しないように努力する」、「相手に謝罪をする」ということで解決に繋がり、ストレスの原因を解決できることがあります。しかし、全ての人がいつも問題に向き合えるわけではないでしょう。当然向き合えない場合や、向き合うことが難しく感じる人もいます。そんな時はもう1つのコツがあります。

2.ストレスから距離を取ること

2つ目のコツはストレスの解決から一旦遠ざかり、まずは心を落ち着かせることです。

「嫌なことがあった」「目の前の問題と向き合いたくない」という場合、一旦気分転換をして、ストレスから少し離れて気晴らしをすることによって気持ちが楽になることもあるかもしれません。心に落ち着きがない時は、焦って物事の判断が正常にできなくなったりすることもあります。そのためにも一度気晴らしを挟んでから考え直してみることが重要です。

人によってストレスの対処法は違うということ

今回は2つのストレス対処法を紹介しましたが、どちらも良さがあり、どちらが優れているということはありません。人それぞれストレスの対象は異なりますし、対処法も異なります。自分に合うもの、合わないものが存在することは当然なのです。様々な方法を試したり、誰かに相談したりすることによって、自分に合ったストレス対処法を見つけることが大切です。また、ストレスの対処法はたくさん持っていた方が健康的であると言われています。ここでは具体的な例について紹介します。

例えば、

1.「お昼寝をしても気晴らしができなかったら好きなテレビを見る」

2.「テレビを見ても解決できなかったら誰かに相談してみる」

3.「相談したら少し気持ちが落ち着いてきた」

というように多様に使いわけることによって解決できることもあります。とにかく色々と対処法を探して、試みるということが一番の近道かもしれません。みなさんも、ストレスに悩む時があったら上記の方法を試してくださいね。

カテゴリー: 201903, 心理室より | ストレスの対処法 はコメントを受け付けていません。