199901」カテゴリーアーカイブ

1999年1月号

院長からのお知らせ 今回は病診、診診連携システムについてご紹介いたします。 現代の医学は高度に発達し、情報にあふれていますので、一つの病院、診療所だけで様々な病気・診断・治療法に対応することが困難になってきました。そこで […]Continue reading «1999年1月号»

カテゴリー: 199901, 院長より | 1999年1月号 はコメントを受け付けていません。

1999年1月号心理室より

心理室より  シリーズ不眠症1 現在、人口の約30%の人が不眠に悩まされていると言われています。みなさんの中にも眠れなくて 困っておられる方がいらっしゃると思いますが、一口に「眠れない」といっても人によってその特徴が違い […]Continue reading «1999年1月号心理室より»

カテゴリー: 199901, 心理室より, 病気・治療 | 1999年1月号心理室より はコメントを受け付けていません。

1999年1月号

インフルエンザ これだけ医学が進歩した現在でも治療の決め手のない病気があります。それが、過去10年で患者が127万人以上に上る、インフルエンザです。 イ ンフルエンザにかかると「風邪をひいたかな」と思っているうちに、ゾク […]Continue reading «1999年1月号»

カテゴリー: 199901, 病気・治療 | 1999年1月号 はコメントを受け付けていません。

1999年1月号

糖尿病 糖尿病は、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。尿の回数増加や体重の減少といった高血糖に起因する症状が現れてきた ときにはかなり進行した状態といえます。糖尿病であっても、活動的で食欲がある人が多いため、糖尿 […]Continue reading «1999年1月号»

カテゴリー: 199901, 病気・治療 | 1999年1月号 はコメントを受け付けていません。